会社履歴

 会社創立は1992年ですが、空撮を始めたのは2000年でした。左に写っている巨大なバルーンを作り、左右にエンジンをつけて方向を決めようとしましたが、結局エンジン付きは試験飛行で終わりました。しかし、お仕事はその後エンジンなしで何本か頂きました。このバルーンはヘリウムガスを12本使います。

 その後、手ごろなバルーンがあると知り、早速注文。ヘリウムガス3本で満タンになるというものです。これで180mの高さまでカメラを上げ、撮影しました。その日は無風に恵まれ、快適な撮影でした。もちろん、そのほかにもお仕事を頂戴いたしております。ある時は福島県のある小学校でGoproによる360度撮影を行いました。

 アメリカから輸入したバルーンです。尾翼も一体化されたもので、組み立てが簡単にできます。ヘリウムガスは4本使います。現在はこれよりも小さいもので3本のものを用意しています。

 そして、登場したのがドローンです。2010年、ドローンという言葉もなかった頃、弊社では社員3名がカナダのドローン会社・ドラガンフライヤー社に出かけ、講習を受けてきました。このドローンはカメラが固定でPanasonic LC3を使っています。
 3本のアームのタイプです。軽いのはいいのですが、風に流されやすいところがあり検討していたところ、次のドローンが出てきました。

 Quadorocpter社より購入したAD6,及びAD8です。このドローンのペイロード(揚重力)は3kg位です。弊社ではここにCanon5Dカメラを乗せ、他の空撮機材に負けない画像で撮ることができました。他の空撮機材というとクレーンがありました。それからバルーンもそれなりに揚重力がありましたから、Canonカメラを使うことができました。

 次に出たのがCinestar8です。これの変化バージョンにX-8というタイプがありましたが、弊社では自作により8本のアームを4本に替え、モーターを上下2段積んで8個として使っておりました。
風にはある程度強くなりましたし、持ち運びにも有利となりました。

 そして、今使用しているFreefly社製 ALTA 8です。ペイロードは約10kg。使用するバッテリーは6セル、22Vで2個使用します。腕が折れて格納できるため、省スペースです。安定度が増し、ホバーリングも同じ高さを保っています。飛行時の翼から翼までが1.8mあり、空撮ドローンとしては最大級のサイズです。

 令和元年に当社が導入したMavic 2PROです。不動産業界でも最近ムービーの注文が増え、人口密集地での飛行があります。そんな時、カメラにハッセルブラッドを載せているMavic 2proが近隣様に迷惑を軽減するのによろしいのではないかと導入しました。